忙しい仕事ほど生活習慣の見直しが必要

介護職の現場は様々あります。
介護施設と言っても昼間の通所施設もあれば、入所の施設もあります。
通所では比較的介護度が低い高齢者を対象とした施設と、介護度が高い人を対象にした施設があります。
在宅療養中の高齢者のためには、訪問介護サービスや訪問入浴のサービスもあります。
他にも認知症の人々が一緒に暮らすグループホームや、普通のマンション暮らしのような設備があるサービス付の高齢者住宅も増えています。

このようにあらゆる介護の資格を生かせる現場が揃っており、内容も豊富です。
力や体力を使う内容のものが多く、いつ体の状態が急変するかわからない高齢者や病気療養中の人が対象なので、神経も使います。
これが入居施設やグループホームなら、夜間勤務もあるので夜間に休むことが出来ない日もあるのです。
過酷と言われるこの仕事を全うするには、健康管理が重要です。

たびたび病気や怪我で仕事を休むようであれば、一緒に働くスタッフの負担が増えて迷惑を掛けてしまいます。
日頃から食生活を整え、必要な栄養は摂取すべきです。
暴飲暴食が続くとコンディションが整わないので、仕事に集中が出来ず風邪もひきやすくなります。
お酒の飲みすぎにも気をつけなければなりません。
体力維持のためには適度な運動をすることも、良いと言われています。
そして定期的に健康診断を受けるなど、生活習慣を常に見直すように心がければ健康な体が維持できます。
生活習慣を改善したい際には、こちらの【正しい生活習慣を身につけよう】を参考にしてみてください。

堅苦しい話のようですが、誰かのお世話をする時に自分の健康管理も出来ていないようでは相手に不安を抱かせてしまうことがあります。
しっかりと自分の健康管理にも気を遣いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です